日本人を悩ます

腰痛

することでメリットが

様々な病気が長年の研究により、知られるようになりました。現在においてはそれら多くの病気に対する治療法が解明されています。日本人に多いとされている病気の一つに「腰痛」があります。この病気は、神経や骨に至るまでさまざまな原因がありますが、その多くが腰の筋肉が原因とされています。他国と比べて腰の筋肉が細いために多いとされています。いわば日本国民特有の病気の一つといっても過言ではありません。それらの原因を知ることと、病気の予防法を知っておくことでいろいろなメリットを得ることができます。また、日常生活においても腰痛に悩むこともなくなります。原因の一つとして姿勢があり、長時間立ったままや座ったままなども原因のとなります。

知っておくべき知識

腰痛の原因として椎間板ヘルニアや背骨の変形による神経の圧迫を除けば、ほとんどが腰の筋肉が関係しています。腰痛は様々な原因で起こりますが、よくある原因の一つに日常生活の姿勢があります。もともと他国と比べ腰周辺の筋肉が細いことがあり、それらの筋肉が原因とされています。腰痛を改善するためによく言われているのが、足腰を鍛えることです。その他にも同じ姿勢を長時間とることが原因となりますので、予防改善するためにもストレッチや体操を行い血行をほぐすことも必要となります。体を支える重要な筋肉を強化することは改善につながります。体幹トレーニングもその一つです。ほとんどの原因といわれる腰痛は、これらの筋肉を鍛える事で予防や改善をすることが可能となります。