動脈硬化の原因

栄養補助剤

悪玉善玉の関係

悪玉コレステロールの異常値は140以上です。中性脂肪は200以上が異常値です。この二つは同時に上がるものです。悪玉コレステロールが増えることで動脈硬化がおきます。すると心筋梗塞や脳梗塞という生活習慣病の原因となっていくのです。悪玉コレステロールが上昇すると善玉コレステロールは下がります。善玉コレステロールが多いと悪玉コレステロールが下がります。太ると中性脂肪が増えます。ここで得する情報があるのです。体が重くなると悪玉コレステロールが増え体が軽くなると善玉コレステロールが増えます。それなら体重を落として善玉コレステロールを増やせたら悪玉コレステロールは自然と減るのです。悪玉コレステロールを減らすダイエットの手間が省けます。すると悪玉コレステロールが増えて増加した中性脂肪が善玉コレステロールの増加で減っていくのです。

動脈硬化で他の病気を発病

悪玉コレステロールの特徴的なことがあります。それは動脈硬化を起こす原因になることです。動脈硬化から血栓が出来ますし脳動脈瘤も出来やすくなるのです。血管の張りがある時は良くても年齢を重ねていくうちに動脈硬化が起きます。動脈硬化は血液をもろくします。血栓が起きる時は心筋梗塞や肺血栓等を起こしやすくなります。脳の機能を維持させる為に痩せる必要があります。ダイエットをして体重が落ちることで善玉コレステロールが増えます。すると危険因子を消してくれて悪玉コレステロールまで減ります。コレステロールはお互いに助けあうことで人は生きていくことが出来ます。健康的な生活をする為には痩せて善玉コレステロールを増やすと良い結果を多く作り出してくれるのです。善玉コレステロールを増やすためには、DHAやEPAといった成分が有効です。イワシやサバといった青魚に多く含まれる成分なので、日頃から意識して食べるようにしましょう。食事からの摂取が難しい場合は、DHAやEPAのサプリメントを継続して飲むのが良いです。