動脈硬化の原因

栄養補助剤

悪玉コレステロールが増えると、様々な症状が身体に現れます。そうならないために、善玉コレステロールを増やす取り組みを行ないましょう。DHAやEPAは、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす役割を果たします。

詳細を確認する...

日本人を悩ます

腰痛

日本人特有の病気の一つに腰痛があり、他国の人よりも腰周りの筋肉が細い為に多いのです。その原因のほとんどが、筋肉によるものですのでその原因と予防策をとることで腰痛の改善や予防をすることが可能となりますので知っておくことが重要です。

詳細を確認する...

現代人の体が心配

さぷりめんと

疲れをとりたくてもそれができないといったこともよくありますが、それを放置していますと疲労回復が困難となるばかりでなく様々な病気の原因をつくようなことに繋がります。 健康を維持していくためにも、今話題のサプリメントを取り入れ解決を図るのが良いでしょう。

詳細を確認する...

研究開発による進展の1例

男性

症状の現状と今後

現代において発症する要因が増えたとされる疾病には幾つかの種類が挙げられます。その中の1つに痛風が該当するとされます。痛風は体内でプリン体と呼ばれる成分が増えすぎた結果、プリン体が分解されてできる尿酸が排出し切れず溜まる事で起きる症状です。溜まった尿酸は血液中で結晶化し、主に脚の関節を刺激する事で急な痛みを引き起こします。こうした症状は現代の飽食・飲酒習慣や、ストレス、肥満などの尿酸値増加要因によって起こる確率が増えているとされ、今後も患者増加が予想されています。その予防と対処に向けて、現在でも研究が続けられていると言われています。そして近年では、特定の種類の乳酸菌に、尿酸値の増加や上昇を抑える効果がある事が分かって来たとされます。そこから、乳酸菌の活用によって痛風予防効果が期待される様になっています。

健康志向の意外な落とし穴

また痛風の予防では、通常は健康に良いと考えられていた行為でも実は意外な落とし穴があり、そこから悪影響に繋がっている場合もあるとされます。第1に運動習慣が挙げられます。運動と言えば通常は様々な疾病予防に繋がる方法の代表格とされています。しかし痛風を患っていたり、痛風予備軍と言える高い血中尿酸値を持っていたりする人は注意が必要です。運動の中でも無酸素運動と呼ばれる、短時間で激しい力の発揮と引き換えにエネルギー消費を行うタイプでは血中尿酸値を急上昇させてしまい、発症リスクが高まる事が知られています。そのため軽い負荷でも充分な呼吸をして行う有酸素運動に切り替える事が勧められます。次に健康商品の中にも、プリン体を多く含む種類がある事に注意が必要です。具体例として有名なモノでは核酸やビール酵母、ローヤルゼリーといった健康商品に多く含まれ、痛風が疑われる人は避ける事が無難とされます。こうした人に対しても、先に記した乳酸菌は安全で有効だとされており、今後の更なる開発に期待がかけられています。